第3章 商業登記(8~10)

商法


標準 2.0

第8条(通則)

  • この編の規定により登記すべき事項は、当事者の申請により、商業登記法 (昭和38年法律第125号)の定めるところに従い、商業登記簿にこれを登記する。

第9条(登記の効力)

  1. この編の規定により登記すべき事項は、登記の後でなければ、これをもって善意の第三者に対抗することができない。登記の後であっても、第三者が正当な事由によってその登記があることを知らなかったときは、同様とする。
  2. 故意又は過失によって不実の事項を登記した者は、その事項が不実であることをもって善意の第三者に対抗することができない。

第10条(変更の登記及び消滅の登記)

  • この編の規定により登記した事項に変更が生じ、又はその事項が消滅したときは、当事者は、遅滞なく、変更の登記又は消滅の登記をしなければならない。


<PR>

コメント


認証コード2031

コメントは管理者の承認後に表示されます。